なかよし

カエルくんとウサギくんは、なかよしです。

いつもいっしょにいます。

すもうをしたり、バスケットボールをしたりします。

でも、なにをやっても、カエルくんはウサギくんに()てません。

「どうしたらウサギくんに()てるかなぁ」

カエルくんはかんがえました。

「そうだ!」

「ねえ、ウサギくん。あそこの(やま)(うえ)までどっちが(はや)()けるか(きょう)(そう)しない?」

「いいよ。でも、きっとぼくが()つと(おも)うよ。ぼくのほうが(あし)(はや)いし」

「ふふふ、今日(きょう)()けないよ」

よーい、スタート!

「やっぱりウサギくんは(はや)いなぁ」

「やっぱり今日(きょう)もぼくの()ちだ」


ところが……。

「う、(うみ)!? カエルくん、ぼくが(およ)げないのを()ってて、だましたな!」

「もう(かえ)る! ……でも、このまま()けるのは、いやだなぁ」

ウサギくんは(かんが)えました。

「あ、そうだ!」

「ねえ、サメさん。サメさんたちはこの(うみ)何匹(なんびき)いるの?」

「え!? たくさんいるけど、(かぞ)えたことないよ」

「そうなんだ。じゃあ、ぼくが(かぞ)えてあげる」

「え、本当(ほんとう)? ありがとう」

「それじゃ、ここからあの(しま)までまっすぐに(なら)んで!」

「わかった」

ウサギくんは、(なら)んだサメたちの(うえ)をぴょんぴょんとんでいきます。

一匹(いっぴき)二匹(にひき)三匹(さんびき)、……」

七匹(ななひき)八匹(はっぴき)九匹(きゅうひき)、……。ふふふ、みんなだまされているのも()らないで……」

(なに)!? だましていたのか!」

「あ、()こえてた。あっ! ああーーーー」

ウサギくんは、(うみ)()ちてしまいました。

「わあー、(たす)けて!()べられる!!」

「ウサギくん。(いま)()くよ!」

(たす)かった。ありがとう、カエルくん」

「……」

「ウサギくん。だまして、ごめんね」

「ううん。ぼくもサメさんたちをだまして、よくなかったし……」

「……ねえ、おなかすかない?」

「すいた」

「なにか()べて(かえ)ろう」

「うん」

おわり

文:遠藤和彦

イラスト:ダ鳥獣ギ画

(2023.2.21)

You cannot copy content of this page