グランド・ジャット(とう)の日曜日の午後

Un dimanche après-midi à l’Île de la Grande Jatte by Georges Seurat

1884-1886, The Art Institute of Chicago

グランド・ジャット(とう)は、パリのセーヌ川に()かぶ細長(ほそなが)(しま)です。この()は19世紀末(せいきまつ)(しん)印象派(いんしょうは)のフランス人の画家(がか)ジョルジュ・スーラ(1859年〜1891年)によって(えが)かれました。スーラの()特徴(とくちょう)は、(せん)ではなく(てん)(えが)く「点描(てんびょう)」です。この()(かれ)代表作(だいひょうさく)で、とても大きく((たて)2m(よこ)3m)、彼の生涯最大(しょうがいさいだい)大作(たいさく)と言われています。

1880年代、パリ中心部(ちゅうしんぶ)(はたら)人達(ひとたち)が、週末(しゅうまつ)にグランド・ジャット(とう)に来て、散歩(さんぽ)日光浴(にっこうよく)舟遊(ふなあそ)びなどを楽しんだようです。スーラは、この(しま)(あそ)びに来た人々の様子(ようす)をこの大きいキャンバスに(えが)きました。()の中には50人もの人がいるにもかかわらず、この()はなぜか(しず)かで()()いた雰囲気(ふんいき)がします。ほとんどがまっすぐ立っているか(すわ)っていて、動きがあるのは、手前の犬と右上の子供(こども)だけです。また、多くの人が(よこ)()いているのに(たい)し、前を()いているのは、中央(ちゅうおう)の白い(ふく)を着た子供(こども)だけです。そのため、一瞬(いっしゅん)時間が()まったような印象(いんしょう)(あた)えるのかもしれません。

スーラは、毎日のように朝早くからこのグランド・ジャット(とう)に出かけて人々の姿(すがた)風景(ふうけい)をスケッチしました。そして、2年近くかけて、この作品を完成(かんせい)させました。スーラは色を()ぜずに、原色(げんしょく)(てん)だけで、この()(えが)きました。この()(はな)れて見たとき、明るくやわらかな(ひかり)()全体(ぜんたい)(つつ)んでいるように(かん)じます。そして、()印象(いんしょう)を強くするため、()(まわ)りに赤や青の点描(てんびょう)(わく)をつけています。

(てん)(びょう)(わく)(みぎ)(がわ)

この作品で有名になったグランド・ジャット(とう)は、住宅街(じゅうたくがい)になっており、今でも(やく)4,000人の住民(じゅうみん)()らしています。

文:Naoko Ikegami

画像:パブリックドメイン

(2024.5.17)

You cannot copy content of this page