日本語多読道場 yomujp

紅葉もみじで有名永観堂えいかんどう

 もし、(ゆる)されるのなら、紅葉(こうよう)を楽しみながら、日本を南から北へ「紅葉(もみじ)()りの旅」をして歩きたいと思います。紅葉(こうよう)()いかけながら移動(いどう)するのは、まさに狩人(かりゅうど)のようです。けれども、毎日、家事(かじ)や仕事や家族の看病(かんびょう)(いそが)しく、なかなかそういう時間がとれません。

 それに何より、紅葉(こうよう)季節(きせつ)観光地(かんこうち)(おどろ)くほど()んでいます。入り口には長い行列(ぎょうれつ)ができ、中に入るだけでも大変(たいへん)です。とくに京都(きょうと)は、普段(ふだん)から()んでいますから、ましてや、紅葉(こうよう)時期(じき)ともなると、紅葉(こうよう)を楽しむ前にくたびれてしまうほどです。そのため、つい行くのをあきらめていましたが、昨年はどうしても行きたいと思いました。コロナ(Covid-19)の影響(えいきょう)で、観光客(かんこうきゃく)急激(きゅうげき)()り、いつもより()いていて、見やすいと聞き行ってきました。もちろん、マスクをして、消毒薬(しょうどくやく)を持って、出かけました。

 京都(きょうと)阪急(はんきゅう)河原町駅(かわらまちえき)に着いた私は、すぐに「京都(きょうと)観光(かんこう)案内所(あんないじょ)」に()かいました。ここでは、その日はどこの紅葉(こうよう)一番(いちばん)、きれいかを教えてくれます。コピーした地図までくれるのです。紅葉(こうよう)は日によって、色の具合(ぐあい)(ちが)いますから、その日の様子(ようす)(たし)かめておけば、最高(さいこう)紅葉(こうよう)に会えるはずです。日本の「おもてなし」を(かん)じることができます。

 その日、(すす)められたのは「永観堂(えいかんどう)」でした。永観堂(えいかんどう)は、「もみじの永観堂(えいかんどう)」とも呼ばれ、京都(きょうと)の中でも紅葉(こうよう)の美しさで知られています。

 京都駅(きょうとえき)からバスで行くこともできますし、地下鉄(ちかてつ)で行くことも可能(かのう)です。もちろん、タクシーも利用(りよう)できます。自分にあった方法(ほうほう)(えら)ぶのも、旅の楽しみとなるでしょう。

 多くの人が「永観堂(えいかんどう)」と()びますが、正式(せいしき)な名前は「禅林寺(ぜんりんじ)」です。

 簡単(かんたん)歴史(れきし)紹介(しょうかい)します。

 禅林寺(ぜんりんじ)は、863年に、弘法大師(こうぼうだいし)(またの名を空海(くうかい)といいます)という(えら)いお(ぼう)さんの弟子(でし)であった真紹僧都(しんじょうそうず)が、清和天皇(せいわてんのう)からお(ゆる)しをいただき、真言密教(しんごんみっきょう)のお(てら)を開きました。真言密教(しんごんみっきょう)とは平安時代(へいあんじだい)弘法大師(こうぼうだいし)によって開かれた仏教(ぶっきょう)宗派(しゅうは)です。現在(げんざい)世界遺産(せかいいさん)として名高(なだか)高野山(こうやさん)は、空海(くうかい)開山(かいさん)した道場です。弘法大師(こうぼうだいし)は今も(おく)(いん)で世の平和(へいわ)(いの)(つづ)けていると(つた)えられています。

 さて、禅林寺(ぜんりんじ)は建てられた(ころ)から、紅葉(こうよう)(うつく)しさで知られ、多くの文化人達(ぶんかじんたち)(あい)されてきました。永観堂(えいかんどう)()ばれるようになったのは、開山(かいさん)から(やく)200年後、永観律師(えいかんりっし)というお坊さんが活躍(かつやく)した(ころ)からです。永観律師(えいかんりっし)は、寺の中に施療院(せりょういん)という一種(いっしゅ)の病院を建て、(めぐ)まれない人びとのために()くしました。多くの人びとが永観律師(えいかんりっし)(した)い、次第(しだい)禅林寺(ぜんりんじ)永観堂(えいかんどう)()ぶようになりました。

 永観堂(えいかんどう)歴史(れきし)をより(ふか)く知りたい方は、永観堂(えいかんどう)のホームページを見てください。さらに(くわ)しい歴史(れきし)を勉強することができます。

 京都(きょうと)には紅葉(こうよう)(うつく)しいことで知られるお(てら)がたくさんあります。その中でも、永観堂(えいかんどう)は「もみじの永観堂(えいかんどう)」と()ばれ、多くの人達(ひとたち)(あい)されています。名前のとおり、お(てら)の中は、紅葉(もみじ)()たされています。その(かず)(やく)3000本と言われ、様々(さまざま)種類(しゅるい)紅葉(もみじ)が全体に広がっています。それぞれ、少しずつ色が(ちが)うため、微妙(びみょう)なグラデーションを(かん)じることができ、まるでペルシャじゅうたんのようです。

 永観堂(えいかんどう)は古い建築(けんちく)(かず)多くあることでも知られています。多宝塔(たほうとう)阿弥陀堂(あみだどう)釈迦堂(しゃかどう)などです。どれも魅力的(みりょくてき)な建物です。それらを紅葉(もみじ)(かこ)んでいます。

 その中でも多宝塔(たほうとう)京都(きょうと)の町を見ることができる場所(ばしょ)に建っています。屋根(やね)の上にある九輪(くりん)(めずら)しいものです。下から多宝塔(たほうとう)見上(みあ)げてみましょう。その雰囲気(ふんいき)圧倒(あっとう)されることでしょう。

さらに、阿弥陀堂(あみだどう)見逃(みのが)せません。ここには「みかえり阿弥陀あみだ()ばれる(めずら)しい阿弥陀像(あみだぞう)があります。普通(ふつう)阿弥陀像(あみだぞう)はまっすぐ前を()いていますが、「みかえり阿弥陀(あみだ)」は、(くび)を左に向け、ふりむいた姿(すがた)をしています。(はじ)めて、この「みかえり阿弥陀(あみだ)」を見たとき、私はたいそう(おどろ)きました。今にも動きそうだと(かん)じました。少し開いた口元はほほえみ、思いやりあふれる視線(しせん)を私たちに(そそ)いでくれます。

 みかえり阿弥陀(あみだ)にはこんなエピソードがあるそうです。

 1082年のこと、永観律師(えいかんりっし)阿弥陀堂(あみだどう)で、徹夜(てつや)念仏(ねんぶつ)をとなえていました。夜が明け、あたりが明るくなり始めたとき、永観(えいかん)(だれ)かがいるのに気がつきます。すると、その人は「永観(えいかん)、遅し」と、言い、こちらを()り向いて、まっすぐな視線(しせん)()けてきたといいます。

阿弥陀様(あみださま)永観(えいかん)(しか)ったわけではありません。(おく)れる者を待ち、思いやり(ふか)くまわりを見つめる姿勢(しせい)を持ちなさいと教えているのです。

 この(うつく)しい阿弥陀様(あみださま)紅葉(こうよう)()ちた永観堂(えいかんどう)で見るのは、まさに最高(さいこう)(よろこ)びです。

 私は紅葉(もみじ)銀杏(いちょう)両方(りょうほう)を楽しむことができる(てん)にも感動(かんどう)しました。赤くなった紅葉(もみじ)の下は、黄色(きいろ)いイチョウの()()まっています。(いけ)(こい)紅葉(こうよう)を楽しむかのように水面(すいめん)表面(ひょうめん)姿(すがた)(あらわ)しているのを見ると、もしかしたら、(こい)紅葉狩(もみじが)りするのではないかと、思ったりしました。

 寺の中に幼稚園(ようちえん)があるのにも(おどろ)きました。世界中から観光客(かんこうきゃく)が集まる永観堂(えいかんどう)ですが、幼稚園(ようちえん)経営(けいえい)し、(おさな)い子どもたちに仏様(ほとけさま)の教えを(さず)ける教育現場(きょういくげんば)となっているわけです。子ども(たち)は、紅葉(もみじ)銀杏(いちょう)(いろ)()わり、()っていくのを見ながら、()らすことができます。季節(きせつ)(うつ)()わりを毎日見ながら()ごすのですから、贅沢(ぜいたく)幼稚園(ようちえん)と言っていいのではないでしょうか。

 こうして、永観堂(えいかんどう)は「もみじの永観堂(えいかんどう)」の言葉(ことば)実感(じっかん)できる場所(ばしょ)でした。(ちが)季節(きせつ)にも行ってみたいと今から楽しみにしています。

文:三浦暁子

写真:岡野秀夫

(2022.10.28)

You cannot copy content of this page