おせち料理

わあ、 ( はな ) やかで 豪華 ( ごうか ) ですね。これは、おせち料理といって、新年を ( いわ ) ってお正月に食べる料理です。海のものや山のもの、いろいろな 食材 ( しょくざい ) が入った、一年に一度のぜいたくなごちそうです。おせち料理に入っている 食材 ( しょくざい ) には、それぞれに意味があります。

食べておいしい、知って楽しい、おせち料理の世界を ( さぐ ) ってみましょう。

「これは、いったい何?」と思った人もいるかもしれません。これは「 ( かず ) ( ) 」といって、「にしん」という魚の ( たまご ) に、しょうゆやみりんなどで味をつけたものです。かむと、 ( たまご ) のつぶが ( かん ) じられて、楽しいです。「にしん」は卵が多いことから、 子孫繁栄 ( しそんはんえい ) 、つまり子や ( まご ) がたくさん生まれ、家族がずっと ( つづ ) いていくように、と ( ねが ) って、おせち料理に入れると言われています。また、にしんと 二親 ( にしん ) は同じ音であることから、 夫婦円満 ( ふうふえんまん ) の意味もあるようです。
食べたことがある人もいるでしょうか。これは「 黒豆 ( くろまめ ) 」といって、 黒大豆 ( くろだいず ) 砂糖 ( さとう ) やしょうゆで ( あま ) ( ) たものです。つやがあって、きれいですね。「まめ」はもともと、「 健康 ( けんこう ) 丈夫 ( じょうぶ ) 」という意味のことばで、今年も一年、まめに、つまり元気で ( ) らせますように、という気持ちを ( ) めて、 黒豆 ( くろまめ ) を食べるそうです。また、黒には悪いものを ( ) けるという意味もあるといいます。
これは「 田作 ( たづく ) り」といいます。 ( ) した「カタクチイワシ」という魚をフライパンで ( ) って、 砂糖 ( さとう ) やしょうゆなどで作った 甘辛 ( あまから ) いたれをかけて ( ) ぜます。「魚なのに、田を作る?」そう思った人も多いことでしょう。 ( むかし ) 、イワシを田んぼの 肥料 ( ひりょう ) にしたところ、おいしい ( こめ ) がたくさん 収穫 ( しゅうかく ) できたことから、イワシはいい田を作るということで、 田作 ( たづく ) りと ( ) ばれるようになったそうです。 田作 ( たづく ) りには、 豊作 ( ほうさく ) 、つまり ( こめ ) などがたくさんとれるように、という ( ねが ) いが ( ) められているんですね。
これは「 紅白 ( こうはく ) かまぼこ」です。かまぼこは、うどんにのっていたり、コンビニなどのお 弁当 ( べんとう ) に入っていたりするので、食べたことがある人も少なくないでしょう。さて、かまぼこの ( かたち ) は何に見えますか。日が ( のぼ ) っていくところに見えませんか。日の出の ( かたち ) ( ) ていることから、かまぼこは新年の 象徴 ( しょうちょう ) とされています。また、 紅白 ( こうはく ) という色は、お正月だけではなく、お ( いわ ) ( ごと ) のときによく使われる色ですが、 ( こう/あか ) はめでたいこと、白は ( きよ ) らかなことを意味していると言われています。

ロールケーキのようで、おいしそうですね。これは「 伊達巻 ( だてまき ) 」といいます。 ( たまご ) ( こま ) かくした魚の ( ) ( ) ぜて ( ) き、それを ( ) いたものです。この ( ) いた ( かたち ) に意味があるのですが、なぜでしょうか。

下の写真を見てください。これは、 ( ) や文字などを書いて ( ) いた「 巻物 ( まきもの ) 」というもので、古い本の形です。この 巻物 ( まきもの ) のイメージから、 文化 ( ぶんか ) 発展 ( はってん ) し、 知識 ( ちしき ) ( ) えるように、という ( ねが ) いを ( ) めて、 伊達巻 ( だてまき ) を食べるそうです。これを食べたら、 ( あたま ) がよくなるかもしれませんね。

この ( まわ ) りの黒いものは何でしょう。「おにぎりに使うのりみたいだけど、ちょっと ( あつ ) いみたい…」という ( こえ ) が聞こえてきそうです。これは 昆布 ( こんぶ ) 、そしてこの料理は魚などを 昆布 ( こんぶ ) ( ) いて、しょうゆやみりんで味をつけて ( ) た「 昆布巻 ( こぶまき ) 」というものです。 昆布 ( こんぶ ) は「こぶ」と読むと、「 ( よろこ ) ぶ」を 連想 ( れんそう ) することから、 縁起 ( えんぎ ) がいいものとされています。

( かず ) ( ) 」の親である「にしん」を ( ) いた 昆布巻 ( こぶまき ) もありますが、にしんに 昆布 ( こんぶ ) 大変 ( たいへん ) おめでたい、お正月にぴったりの料理と言えますね。

これ以外にも、たくさんの 食材 ( しょくざい ) があります。 ( たと ) えば、 煮物 ( にもの ) に使う 蓮根 ( れんこん ) は、 ( あな ) が開いていることから、先が見通せる、という意味があり、また、 色鮮 ( いろあざ ) やかな 海老 ( えび ) は、 ( こし ) ( ) がるまで元気で長生きできるようにと、 長寿 ( ちょうじゅ ) の願いを込めておせち料理に入れられます。おせち料理の中で、気になる 食材 ( しょくざい ) があったら、その 由来 ( ゆらい ) を調べてみると、新たな発見があるかもしれません。

( つぎ ) のお正月は楽しみが ( ) えそうですね。

文:新階由紀子
写真:フォトAC
(2021.12.19)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.