日本語を勉強する人のための読みものサイト

たからもの

近所(きんじょ)一人(ひとり)()んでいるおばあちゃんから電話(でんわ)がかかってきた。

「もしもし、マナミ。日曜日(にちようび)ひま? 物置(ものおき)をかたづけるのを手伝(てつだ)ってほしいんだけど」

日曜日(にちようび)予定(よてい)がないし、おばあちゃんの(いえ)()ったらおばあちゃんが(つく)ったごはんも()べられる。おばあちゃんは料理(りょうり)上手(じょうず)だ。(にく)じゃが、おでん、いなりずし…(なん)でもおいしい。

それで、(わたし)は、うん、いいよ。()()く。と返事(へんじ)した。

おばあちゃんの(いえ)物置(ものおき)は、(いえ)(そと)にある。あそびに()ったとき、いつも()ていたけど(なか)(はい)ったことはなかった。その(なか)には、部屋(へや)(なか)()けない(おお)きい道具(どうぐ)やあまり使(つか)わないものがしまってあるそうだ。それから、(ふる)すぎて、いつ、だれが使(つか)っていたのかわからないものもあると()いたことがある。どんなものがあるか()てみたい。とてもおもしろそうだ。

日曜日(にちようび)

おばあちゃんの(いえ)物置(ものおき)(なか)には、いろいろなものがたくさんあった。でも、整理(せいり)されていなくて、あまりきれいじゃなかった。

(わたし)たちは、まず、()てるものと()てないものを()けた。そして、()てるものを(そと)()した。

(つぎ)に、よく使(つか)うもの、ときどき使(つか)うもの、あまり使(つか)わないものを()けて、()場所(ばしょ)()めた。それから、物置(ものおき)(なか)をかたづけ(はじ)めた。

(あせ)をかいたり、()(いた)くなったりして大変(たいへん)だったけど、おばあちゃんと(はな)しながら道具(どうぐ)(はこ)んだり、(はこ)をたなにならべたりするのは(たの)しかった。

物置(ものおき)(なか)には、いろいろな(はこ)があった。

ひな人形(にんぎょう)五月(ごがつ)人形(にんぎょう)(はい)っている(おお)きい(はこ)(さら)()びんが(はい)っている(おも)(はこ)、おもちゃが(はい)っている(はこ)。ダンボール(ばこ)()(はこ)、プラスチックの(はこ)…。

その(なか)にとてもすてきな(はこ)があった。(ふる)いけどきれいな(いろ)(はこ)だ。

(なに)(はい)っているのか()てみたかったけど、(はこ)にかぎがかかっていて、(なか)()ることができなかった。

「おばあちゃん、この(はこ)(なに)(はい)っているの?」

「この(はこ)(なか)にはねぇ、『たからもの』が(はい)っているのよ」

おばあちゃんは、その(はこ)大切(たいせつ)そうにたなの一番上(いちばんうえ)()いた。

「『たからもの』って(なに)? どんなもの? ()たいな」

「マナミに()せてあげたいんだけど、かぎをなくしてしまったのよ」

(ふる)(はこ)だから無理(むり)()けようとしたら、かぎがこわれてしまうかもしれない。それで、そのまま、ずっとここに()いておいたそうだ。

「かぎ()にたのんだら、()けてもらえるかもしれないよ」


かぎがなくなったり、こわれたりした(ふる)(はこ)物置(ものおき)のドアを()けたら、とても(たか)()れるものが(はい)っていて、びっくり! テレビでそういう番組(ばんぐみ)()たことがあった。(はい)っていたのは、(むかし)のお(かね)とか、ほう(せき)とか、(みせ)()うことができないめずらしいものとか…。もし、そういうものだったら、おばあちゃんは大金(おおがね)()ちになれるかもしれない!!

物置(ものおき)がきれいになった(あと)(わたし)は、駅前(えきまえ)のかぎ()電話(でんわ)してみた。

かぎ()(ひと)がすぐに()てくれて、()ってきた道具(どうぐ)(はこ)()けてくれた。

「よかったね、おばあちゃん。『たからもの』を()せて」

(わたし)はドキドキしながらおばあちゃんが(はこ)(なか)(はい)っているものを()すのを()った。

(はこ)(なか)から()てきたのは、(ふる)手紙(てがみ)だった。

「これは、()くなったおじいちゃんが、おばあちゃんにくれた手紙(てがみ)よ」

おばあちゃんのたからものは、おじいちゃんからのラブレターだった。


(たか)()れないけど、とてもすてきな『たからもの』だ。

文:牧友美子

画像:イラストAC/写真AC

(2024.5.21)

You cannot copy content of this page