日本語を勉強する人のための読みものサイト

観光(かんこう)列車(れっしゃ)

(みな)さんは「観光(かんこう)列車(れっしゃ)」という電車を知っていますか。毎日、通勤(つうきん)通学(つうがく)のために()る電車ではなく、外の景色(けしき)やおいしい食事や車内(しゃない)が楽しめる特別な電車です。乗車(じょうしゃ)時間が数時間(すうじかん)(みじか)い電車もあれば、ホテルのように車内(しゃない)()まれる電車もあります。

1)トワイライト・エクスプレス瑞風(みずかぜ)

https://www.twilightexpress-mizukaze.jp/

2017年から始まったこの電車は、(おも)京都(きょうと)下関(しものせき)を走る寝台(しんだい)列車(れっしゃ)です。寝台(しんだい)というのは、ベッドのことで、夜走る電車の中で()ることができます。日本海(がわ)、または瀬戸内海(せとないかい)(がわ)を走る一泊二日(いっぱくふつか)のコースや、京都(きょうと)から岡山(おかやま)山口(やまぐち)島根(しまね)鳥取(とっとり)(まわ)二泊三日(にはくみっか)のコースがあります。

トワイライト・エクスプレス瑞風(みずかぜ)

この電車の見所(みどころ)は、まず「走るホテル」と言われるほど、車内(しゃない)素晴(すば)らしいことです。一両(いちりょう)全部(ぜんぶ)を使った「ザ・スイート」には、ベッドルームの(ほか)にリビング・ダイニングルームやお風呂(ふろ)()きのバスルームがあり、プライベートバルコニーも()いています。これ以外のロイヤルツインやロイヤルシングルと()ばれる客室(きゃくしつ)にもそれぞれバスルームが()いているので、本当(ほんとう)にホテルに()まっているようです。このトワイライト・エクスプレス瑞風(みずかぜ)は、2017年にグッドデザイン・ベスト100を受賞(じゅしょう)しました。

素晴(すば)らしいのは車内(しゃない)だけではありません。電車は、明石海峡(あかしかいきょう)尾道水道(おのみちすいどう)など、とてもきれいなところを走るので、電車の(まど)から見る景色(けしき)最高(さいこう)です。また、途中(とちゅう)出雲大社(いずもおおやしろ)厳島神社(いつくしまじんじゃ)後楽園(こうらくえん)見学(けんがく)したり、城崎温泉(きのさきおんせん)鳥取砂丘(とっとりさきゅう)に立ち()ったりすることもできます。

明石海峡(あかしかいきょう)大橋(おおはし)

いろいろなところに立ち()って、観光(かんこう)もできるのはいいですね。一度はホテルのような電車に()って、いろいろなところを(まわ)る旅行を体験(たいけん)してみたいですね。

2)36ぷらす3
https://www.jrkyushu-36plus3.jp/

面白(おもしろ)い名前の電車です。これは、九州(きゅうしゅう)(まわ)観光(かんこう)列車(れっしゃ)ですが、九州(きゅうしゅう)が世界で36番目(ばんめ)に大きい(しま)だということから、まず36。それに、この電車に()ったお(きゃく)さんが「(おどろ)き」「感動(かんどう)」「(しあわ)せ」の3つを(かん)じてほしい、ということでプラス3に。その合計(ごうけい)(36+3)が39、つまり「さんきゅう(thank you)」になることから、この名前が()けられたそうです。

36ぷらす3

この電車が走るルートは5つあり、曜日(火曜日と水曜日を(のぞ)く)によって走るルートが(ちが)います。まず、月曜日には博多(はかた)佐世保(させぼ)(かん)を、木曜日には博多(はかた)鹿児島中央(かごしまちゅうおう)(かん)を、金曜日には鹿児島中央(かごしまちゅうおう)宮崎(みやざき)(かん)を、土曜日には宮崎(みやざき)宮崎(みやざき)空港(くうこう))〜大分(おおいた)別府(べっぷ)(かん)を、そして日曜日には大分(おおいた)別府(べっぷ)小倉(こくら)博多(はかた)(かん)を走ります。なので、少しずつ()()いで一週間で九州(きゅうしゅう)を一(しゅう)することができます。

宮崎(みやざき)高千穂峡(たかちほきょう)

先ほどの「トワイライト・エクスプレス瑞風(みずかぜ)」のように、この「36ぷらす3」にも素敵(すてき)車両(しゃりょう)があります。グリーン車には個室(こしつ)があり、(たたみ)()いてあるので、(くつ)()いでゆっくりすることができます。(くつ)()ぐと、家の中にいるようで、()ち着きますね。(ほか)にも6人で(すわ)れるテーブル()きの座席(ざせき)や、一人(せき)、二人(せき)など人数(にんずう)によっていろいろ座席(ざせき)(えら)べます。また、車内(しゃない)和風(わふう)のデザインが使われているので、旅館(りょかん)にいるような(あたた)かい印象(いんしょう)()けます。

この電車は、夜の間は走らないので、寝台列車(しんだいれっしゃ)ではありません。しかし、車内(しゃない)九州(きゅうしゅう)食材(しょくざい)を使った昼ごはんを食べたり、お土産物(みやげもの)を買ったりできます。少しずつ時間をかけて九州(きゅうしゅう)を楽しみたいときに便利(べんり)観光(かんこう)列車(れっしゃ)です。

3)ザ・ロイヤルエクスプレス
https://www.the-royalexpress.jp/

「ザ・ロイヤルエクスプレス」は、2018年にイギリスのデイリー・テレグラフ(The Daily Telegraph)の電子版(でんしばん)で、アジアで(もっと)(うつく)しい鉄道(てつどう)トップ10に(えら)ばれました。この観光(かんこう)列車(れっしゃ)は、神奈川(かながわ)(けん)横浜(よこはま)から静岡(しずおか)(けん)伊豆(いず)下田(しもだ)まで走ります。

ザ・ロイヤルエクスプレス

「ザ・ロイヤルエクスプレス」のセールスポイントは、乗車(じょうしゃ)(ちゅう)神奈川(かながわ)静岡(しずおか)()れる新鮮(しんせん)()(さい)魚介(ぎょかい)を使った豪華(ごうか)な食事ができることです。和食(わしょく)だけでなく、洋食(ようしょく)、フランス料理など、有名なレストランのシェフが作る本格的(ほんかくてき)な料理が楽しめます。

下田(しもだ)

ゆっくり旅行をしたい人には、一泊二日(いっぱくふつか)横浜(よこはま)伊豆(いず)下田(しもだ)往復(おうふく)するプランもあります。電車の中でおいしい食事を楽しみ、ホテルに()まります。また、帰りにも素敵(すてき)景色(けしき)を楽しみながら、おいしい食事をいただくことができます。

「ザ・ロイヤルエクスプレス」は、2020年から夏の間、北海道でも走っていて、また2024年の1月から3月には、四国(しこく)瀬戸内(せとうち)エリアでも走る予定(よてい)です。

4)スペーシアX
https://www.tobu.co.jp/spaciax/

「スペーシアX」は、2023年7月15日から浅草(あさくさ)から日光(にっこう)鬼怒川(きぬがわ)温泉(おんせん)(むす)新型(しんがた)特急(とっきゅう)です。栃木(とちぎ)(けん)鹿沼市(かぬまし)伝統工芸品(でんとうこうげいひん)である組子(くみこ)のデザインをモチーフにした(まど)を外から見ると、アルファベットのXが(なら)んでいるように見えます。

スペーシアX

普通(ふつう)座席(ざせき)(ほか)に、個室(こしつ)やボックスシート、ソファやラウンジ(せき)など6種類の座席(ざせき)があり、(にん)(ずう)予算(よさん)によって(えら)べます。特に、6号車(ごうしゃ)にあるコックピットスイートでは、前と横に大きな(まど)があり、ゆったりした座席(ざせき)から景色(けしき)(なが)めることができます。また、1号車(ごうしゃ)にはコックピットラウンジがあり、コーヒーやビールなどの飲み物やスイーツを楽しみながらおしゃべりできます。

コックピットラウンジ

終点(しゅうてん)日光(にっこう)には、徳川家康(とくがわいえやす)のお(はか)がある日光(にっこう)東照宮(とうしょうぐう)があり、一年を(とお)して世界中から観光(かんこう)(きゃく)(おとず)れています。「スペーシアX」の車両(しゃりょう)の白は、陽明門(ようめいもん)(はしら)をイメージした白色(しろいろ)だそうです。

日光(にっこう)東照宮(とうしょうぐう)陽明門(ようめいもん)

5)(きょう)とれいん雅洛(がらく)
https://www.hankyu.co.jp/kyotrain-garaku/

最後(さいご)通勤(つうきん)通学(つうがく)と同じルートを走る「(きょう)とれいん雅洛(がらく)」を紹介(しょうかい)しましょう。この電車の特徴(とくちょう)は、車内(しゃない)のデザインがまるで京都(きょうと)町屋(まちや)のようになっていることです。土曜日、日曜日、祝日(しゅくじつ)のみで、1日に大阪梅田(おおさかうめだ)から京都河原町(きょうとかわらまち)を4往復(おうふく)します。予約(よやく)特別(とくべつ)切符(きっぷ)必要(ひつよう)なく、普通(ふつう)切符(きっぷ)()ることができます。

(きょう)とれいん雅洛(がらく)

この電車は、車両(しゃりょう)によってデザインが(ちが)います。一人用()(せき)、二人用()(せき)、四人用()(せき)(ほか)にも(まど)の方を()いて(すわ)れるベンチシートもあります。また、1号車(ごうしゃ)から6号車(ごうしゃ)まで、車両(しゃりょう)ごとに季節(きせつ)植物(しょくぶつ)のテーマがあります。

号車(ごうしゃ)車内(しゃない)

号車(ごうしゃ)外観(がいかん)

電車の中に(にわ)があるなんて素敵(すてき)ですね。もう、()ったときから京都(きょうと)への(たび)が始まっているような電車です。

文:Naoko Ikegami

画像:AIいらすとや/写真AC/Naoko Ikegami

(2023.12.19)

You cannot copy content of this page