(みみ)をすませて

日本語では、雨は「ぽつぽつ」「しとしと」「ざあざあ」のようにふり、風は、「そよそよ」「ざわざわ」「びゅうびゅう」のようにふきます。それぞれどんな雨のふり方、どんな風のふき方か、(そう)(ぞう)してみてください。このような()(おん)()は、英語など外国語にもありますが、聞こえたままの音をくり(かえ)()(おん)()(かず)は、日本語の()(あい)、英語の3~5(ばい)あると言われ、(こと)()(ぶん)()の一つの(とく)(しょく)となっています。

ふり始めたまばらな雨は「ぽつぽつ」、(しず)かにふる雨は「しとしと」、そして、はげしくふり(つづ)く雨は「ざあざあ」。(しず)かにふく風は「そよそよ」、(くさ)や木の(えだ)をゆらす風は「ざわざわ」、はげしく強くふく風は「びゅうびゅう」と、()(ぜん)(こと)()になって私たちに語りかけます。

「ごろごろ」「しんしん」「ざぶんざぶん」も、()(ぜん)(げん)(しょう)(あらわ)()(おん)()です。どれが(なみ)か、どれが(ゆき)か、また、どれが(かみなり)か、(みみ)をすませてみてください。

公開:2022.6.3


————続きは本書をご覧ください。

『Reading Road—多様な日本を読む』

公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT)[著]

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.