(ぎゅう)たん()

仙台 ( せんだい ) に旅行に来た人がよく食べる料理を知っていますか? それは「 ( ぎゅう ) たん ( ) き」です。 ( ぎゅう ) たんは ( うし ) のタン(tongue)、つまり ( うし ) ( した ) です。

(ぎゅう)たん

( ぎゅう ) たんは、海外ではシチューなどに使われます。日本では 焼肉 ( やきにく ) の「タン ( しお ) 」があります。みなさんは食べたことがありますか?

タン(しお )

仙台 ( せんだい ) ( ぎゅう ) たん ( ) きは、タン ( しお ) とは ( まった ) ( ちが ) います。ここでは、その 歴史 ( れきし ) と作り方を 紹介 ( しょうかい ) したいと思います。
仙台 ( せんだい ) ( ぎゅう ) たん ( ) きができたのは、1945年に 戦争 ( せんそう ) (WWⅡ)が終わった ( あと ) のことでした。 佐野啓四郎 ( さのけいしろう ) さんという 和食 ( わしょく ) 料理人 ( りょうりにん ) がいました。 佐野 ( さの ) さんは 戦争 ( せんそう ) ( ) けてしまった町で、 ( ) 鳥屋 ( とりや ) を始めました。しかし、まわりにも同じような ( ) 鳥屋 ( とりや ) がたくさんありました。そこで、 佐野 ( さの ) さんは、ほかの店にはない 特別 ( とくべつ ) な料理が作れないかと考えました。

戦後(せんご )仙台(せんだい )のまち

そのようなときに、 友人 ゆうじん から「洋食屋で ぎゅう たんを使った料理を出している」という話を聞きました。 佐野 さの さんは 早速 さっそく 洋食屋へ行って、その料理を食べてみました。それがタンシチューでした。

タンシチュー

佐野(さの)さんはタンシチューを食べて、そのおいしさにおどろきました。しかし、タンシチューは3、4日煮込 ( にこ ) んで作ると聞いて、そんなに時間をかけて作るのは 無理 ( むり ) だと思いました。
しかし、佐野 ( さの ) さんは ( ぎゅう ) たんの味が ( わす ) れられません。なんとか別の 方法 ( ほうほう ) ( ぎゅう ) たんを料理できないかと考えつづけました。何度も 牧場 ( ぼくじょう ) へ行き、 ( ぎゅう ) たんをもらってきては、いろいろな 方法 ( ほうほう ) ( ため ) してみました。そして、ついに ( ぎゅう ) たん ( ) きを 完成 ( かんせい ) させたのです。
まず ( ぎゅう ) たんの ( かわ ) をむいて、やわらかい 部分 ( ぶぶん ) だけ ( ) ( ) ります。 ( つぎ ) に、それを ( うす ) く切ります。それから ( しお ) をふってしばらく ( ) かせておきます。こうすると、やわらかくて、しっかり 塩味 ( しおあじ ) がついたおいしい ( ぎゅう ) たんになるのです。そして、それを食べる前に 炭火 ( すみび ) ( ) きます。 炭火 ( すみび ) ( ) くことで ( あぶら ) ( ) ちて、 ( すみ ) のいい ( かお ) りがつくのです。

炭火(すみび)()いた(ぎゅう)たん

佐野 ( さの ) さんが 努力 ( どりょく ) ( すえ ) 完成 ( かんせい ) させた ( ぎゅう ) たん ( ) きは、 仙台 ( せんだい ) で広まりました。やがて 東京 ( とうきょう ) などから 出張 ( しゅっちょう ) で来た人たちの間でも人気が出ました。今では、 仙台 ( せんだい ) 市内 ( しない ) に100 ( けん ) 近く ( ぎゅう ) たん ( ) きの店があります。

(ぎゅう)たん()きの

( ぎゅう ) たん ( ) きの店にはいろいろなメニューがありますが、 一番 ( いちばん ) 人気があるのが「 ( ぎゅう ) たん ( ) 定食 ( ていしょく ) 」です。 定食 ( ていしょく ) ですから、 ( ぎゅう ) たん ( ) きのほかにご飯とスープが ( ) きます。ご飯は 普通 ( ふつう ) のご飯ではなく、 ( むぎ ) が入った 麦飯 ( むぎめし ) です。スープはテールスープです。テール(tail)は ( うし ) のしっぽです。 塩味 ( しおあじ ) のスープにネギとやわらかく ( ) たテールが入っています。これが ( ぎゅう ) たん ( ) きによく ( ) うのです。

(ぎゅう)たん()定食(ていしょく)

( ぎゅう ) たん ( ) 定食 ( ていしょく ) は1500円~2000円ぐらいです。 普通 ( ふつう ) 定食 ( ていしょく ) ( くら ) べると少し高いので、 仙台 ( せんだい ) に住んでいる人もよく食べるわけではありません。ほかの ( けん ) からお ( きゃく ) さんや友だちが来たときに、いっしょに食べに行きます。店によって ( ぎゅう ) たんの ( あつ ) さや 味付 ( あじつ ) けが ( ちが ) うのでいろいろ楽しめます。

あなたもぜひ 仙台 ( せんだい ) ( あそ ) びに来たら、 ( ぎゅう ) たん ( ) きを食べてみてください。きっと一度食べたら、また食べたくなるはずです。

<参考>

「仙台牛タウン」http://gyutown.com/about/history.htm
「元祖 味太助」https://www.aji-tasuke.co.jp/history.php

文:遠藤和彦
写真:宮城県観光プロモーション推進室/フォトAC

(2021.7.26)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.