山寺 ( やまでら )

山寺 ( やまでら ) 東北 ( とうほく ) 地方 ( ちほう ) 山形県 ( やまがたけん ) にあります。 山形駅 ( やまがたえき ) から 電車 ( でんしゃ ) で20 ( ぷん ) ぐらいで ( ) くことができます。 山寺駅 ( やまでらえき ) 電車 ( でんしゃ ) ( ) りると、 ( ) ( まえ ) 山寺 ( やまでら ) があります。

山寺駅 ( やまでらえき )

山寺 ( やまでら ) は、 本当 ( ほんとう ) は「 宝珠山 ( ほうじゅさん ) 立石寺 ( りっしゃくじ ) 」という ( なが ) 名前 ( なまえ ) です。とても ( ふる ) いお ( てら ) で、860 ( ねん ) ( ) てられました。 建物 ( たてもの ) だけではなくて、この ( やま ) 全部 ( ぜんぶ ) を「 山寺 ( やまでら ) 」と ( ) います。

山寺 ( やまでら

山寺 ( やまでら ) ( ひろ ) いので、 全部 ( ぜんぶ ) ( ) ると1 時間半 ( じかんはん ) ぐらいかかります。だから、パンフレットを ( ) て、どこを ( ) るか ( ) めておいたほうがいいです。

山寺 ( やまでら のパンフレット

ここが 登山口 ( とざんぐち ) です。 山寺 ( やまでら ) ( やま ) ですから、がんばって ( のぼ ) らなければなりません。 ( やま ) 一番上 ( いちばんうえ ) まで 階段 ( かいだん ) が1015 ( だん ) もあります。

登山口 ( とざんぐち )

登山口 ( とざんぐち ) 階段 ( かいだん ) ( のぼ ) ると、「 立石寺 ( りっしゃくじ ) 本堂 ( ほんどう ) 」があります。 山寺 ( やまでら ) は860 ( ねん ) からありますが、 ( いま ) 立石寺 ( りっしゃくじ ) 本堂 ( ほんどう ) は1356 ( ねん ) ( ) てられたものです。ブナの ( ) でつくられた 建物 ( たてもの ) ( なか ) では、 一番 ( いちばん ) ( ふる ) 建物 ( たてもの ) です。

立石寺 ( りっしゃくじ ) 本堂 ( ほんどう

この ( ひと ) 松尾 ( まつお ) 芭蕉 ( ばしょう ) です。 ( かれ ) は1689 ( ねん ) 山寺 ( やまでら ) ( ) たとき、「 ( しず ) かさや ( いわ ) にしみいる ( せみ ) ( こえ ) ( しず ) かだなあ。 ( せみ ) ( こえ ) ( いわ ) にしみいるようだ)」という 俳句 ( はいく ) ( ) みました。この 俳句 ( はいく ) 山寺 ( やまでら ) はとても 有名 ( ゆうめい ) になりました。

松尾芭蕉 ( まつおばしょう ) ( ぞう

( すこ ) ( ) くと 山門 ( さんもん ) があります。ここで 料金 ( りょうきん ) ( はら ) います。 大人 ( おとな ) 一人 ( ひとり ) 300 ( えん ) です。 いよいよ ( やま ) ( のぼ ) ります!

山門 ( さんもん

でも、その ( まえ ) ( ちから ) こんにゃくを ( ) べましょう。 山寺 ( やまでら ) ( ちから ) こんにゃくが 有名 ( ゆうめい ) です。 ( ちから ) こんにゃくを ( ) べると 元気 ( げんき ) になります。さあ、 ( のぼ ) りましょう!

( ちから こんにゃく

( みどり ) ( おお ) くて、とても ( しず ) かです。あ、 ( せみ ) ( こえ ) ( ) こえます。 途中 ( とちゅう ) ( やす ) んだり、 写真 ( しゃしん ) ( ) ったりしながら、 ( のぼ ) りましょう。

山寺 ( やまでら ) 階段 ( かいだん

( つか ) れた~。あ、きれいな ( もん ) ( ) えました。 仁王門 ( におうもん ) です。 仁王門 ( におうもん ) は、ちょうど ( やま ) 半分 ( はんぶん ) ぐらいのところにあります。

仁王門 ( におうもん

( のぼ ) っても ( のぼ ) っても 階段 ( かいだん ) ( つづ ) きます。でも、けっこう ( たか ) いところまで ( のぼ ) って ( ) ました。あともう ( すこ ) し。

山寺 ( やまでら ) からの 景色 ( けしき

( ) きました! ( やま ) 一番上 ( いちばんうえ ) にある、この 建物 ( たてもの ) は「 奥ノ院 ( おくのいん ) 」と ( ) います。 奥ノ院 ( おくのいん ) は、お ( てら ) のお ( ぼう ) さんが ( ) ( ) いて 修行 ( しゅぎょう ) する 道場 ( どうじょう ) です。

奥之院 ( おくのいん

( やま ) ( くだ ) るとき、「 五大堂 ( ごだいどう ) 」に ( ) って ( ) きましょう。ここから ( ) 景色 ( けしき ) が、 山寺 ( やまでら ) 一番 ( いちばん ) きれいです。

五大堂 ( ごだいどう )

Tak1701d(2017) 立石寺 五大堂 CC BY-SA 3.0

山寺 ( やまでら ) ( はる ) ( なつ ) ( あき ) ( ふゆ ) 、どの 季節 ( きせつ ) もきれいです。 ( はる ) は、うすいピンク ( いろ ) ( さくら ) ( ) きます。 ( なつ ) ( みどり ) がきれいです。 ( あき ) 紅葉 ( こうよう ) ( ふゆ ) ( ゆき ) 景色 ( けしき ) もすてきですよ。

( あき ) 山寺 ( やまでら

五大堂 ( ごだいどう ) から ( ) ( ゆき ) 景色 ( けしき )

下山口 ( げざんぐち ) まで ( ) りてきました。たくさん 運動 ( うんどう ) したから、おなかが ( ) きました。 電車 ( でんしゃ ) ( ) ( まえ ) に、そば ( ) さんでおいしいそばを ( ) べましょう!

文:遠藤和彦・佐藤えり子

写真:佐藤えり子/フォトACほか

(2021.9.10)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.