季節風 ( きせつふう ) 新潟 ( にいがた ) ( こめ

日本には、春・夏・秋・冬の4つの 季節 ( きせつ ) があります。それは、 季節風 ( きせつふう ) (monsoon)が ( ) くからです。冬は北のロシアのほうから ( つめ ) たい風が ( ) いて、 ( さむ ) くなります。夏は南から ( あたた ) かくて 湿 ( しめ ) った風が ( ) いて、 ( あつ ) くなります。春と秋は、 ( ) れたり雨が ( ) ったり、天気が ( ) わりやすい 季節 ( きせつ ) です。また、6月ごろには 梅雨 ( つゆ ) という雨の日が ( つづ ) 季節 ( きせつ ) があります。夏や秋には 台風 ( たいふう ) が来ます。

では、同じ 季節 ( きせつ ) なら 日本中 ( にほんじゅう ) どこも同じ 気候 ( きこう ) なのでしょうか?  東京 ( とうきょう ) 新潟 ( にいがた ) 気候 ( きこう ) ( くら ) べてみましょう。

東京 ( とうきょう ) 太平洋側 ( たいへいようがわ ) にあります。 一方 ( いっぽう ) 新潟 ( にいがた ) 日本海側 ( にほんかいがわ ) にあります。 太平洋側 ( たいへいようがわ ) 日本海側 ( にほんかいがわ ) で、冬の 気候 ( きこう ) はぜんぜん ( ちが ) います。

下の図は1年間の 気温 ( きおん ) と、 降水量 ( こうすいりょう ) (雨や ( ゆき ) ( りょう ) )を ( あらわ ) しています。

太平洋側 ( たいへいようがわ

日本海側 ( にほんかいがわ

太平洋側 ( たいへいようがわ ) の冬は、 ( ) れの日が多いです。また、 湿度 ( しつど ) ( ひく ) く、空気が 乾燥 ( かんそう ) しています。それで、 東京 ( とうきょう ) からでも ( とお ) くにある 富士山 ( ふじさん ) がはっきり見えます。

太平洋側 ( たいへいようがわ ) の冬( 東京 ( とうきょう )

日本海側 ( にほんかいがわ ) の冬は、 湿度 ( しつど ) が高く、 ( ゆき ) がたくさん ( ) ります。ですから、スキー ( じょう ) がたくさんあります。

日本海側 ( にほんかいがわ ) の冬( 新潟 ( にいがた )

では、どうして 太平洋側 ( たいへいようがわ ) 日本海側 ( にほんかいがわ ) で、こんなに冬の 気候 ( きこう ) ( ちが ) うのでしょうか?

冬は北のロシアのほうから ( つめ ) たい 季節風 ( きせつふう ) ( ) いてきます。ですが、 日本海 ( にほんかい ) には南からの ( あたた ) かい 海水 ( かいすい ) ( なが ) れています。それで、 季節風 ( きせつふう ) 日本海 ( にほんかい ) の上を通るとき、 空気中 ( くうきちゅう ) 水分 ( すいぶん ) が多くなって、 ( くも ) ができます。その ( くも ) が高い山にぶつかって、 日本海側 ( にほんかいがわ ) ( ゆき ) ( ) らせます。 日本海側 ( にほんかいがわ ) ( ゆき ) ( ) ってしまうと、 空気中 ( くうきちゅう ) 水分 ( すいぶん ) がなくなります。それで、 太平洋側 ( たいへいようがわ ) では ( かわ ) いた風が ( ) くだけで、 ( ゆき ) があまり ( ) らないのです。

( くも ) が高い山にぶつかって ( ゆき ) ( )

日本ではどこでも ( こめ ) が作られていますが、 日本海側 ( にほんかいがわ ) にある 新潟 ( にいがた ) ( こめ ) ( とく ) においしいと言われています。それは、 新潟 ( にいがた ) 気候 ( きこう ) 関係 ( かんけい ) があります。 新潟 ( にいがた ) 魚沼 ( うおぬま ) は、冬に ( ゆき ) がたくさん ( ) ります。3メートル(m)ぐらい ( ) もることもあります。

冬の 新潟 ( にいがた ) 魚沼 ( うおぬま )

春になると、冬に ( ) った ( ゆき ) ( ) けて、川の水が ( ) えます。この水はとてもきれいで、ミネラル(mineral)が 豊富 ( ほうふ ) です。この水を使って、 ( こめ ) を作るのです。

春、 ( ゆき ) ( ) ける

春は ( ) れの日が多く、雨が少ないです。春の終わりに、田んぼに ( いね ) ( ) えます。

春の終わり、 ( いね ) ( ) える

夏は ( あつ ) くて、7月・8月は 最高気温 ( さいこうきおん ) が27度(℃)ぐらいになります。しかし、夜になると ( すず ) しくなって、19度(℃)ぐらいになります。このように 気温 ( きおん ) が大きく ( ) わる中で ( いね ) ( そだ ) つと、 ( こめ ) がおいしくなるのです。

夏、 ( いね ) ( そだ )

秋になると、黄金色になった ( いね ) ( ) ( ) ります。

秋、 ( いね ) ( ) ( )

この ( あと ) ( いね ) 乾燥 ( かんそう ) させると、おいしい ( こめ ) ができます。

( いね ) ( ) して 乾燥 ( かんそう ) させる

稲刈 ( いねか ) りが終わると、だんだん ( すず ) しくなって、山は ( うつく ) しい 紅葉 ( こうよう ) 季節 ( きせつ ) になります。

紅葉 ( こうよう

そして、また ( ゆき ) 季節 ( きせつ ) がやってきます。
みなさん、 新潟 ( にいがた ) ( こめ ) ( とく ) においしいと言われる 理由 ( りゆう ) がわかりましたか?

文:岡野秀夫

リライト:遠藤和彦

写真:岡野秀夫/フォトAC

(2021.8.16)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.