プラスチック問題(もんだい)

プラスチックは、とても便利(べんり)です。

(かる)くて、(つよ)いです。だから、いろいろなものに使(つか)います。

日本(にほん)では、たくさんのプラスチックを使(つか)います。

一人(ひとり)(ひと)が1年間(ねんかん)に、35kgのプラスチックを()てています。

世界(せかい)で2(ばん)()(おお)いです。

(UNEP “SINGLE-USE PLASTICS” (2018) )

(いま)、プラスチックは問題(もんだい)です。

(うみ)にプラスチックごみがたくさんあります。

これは、(うみ)()(もの)(あぶ)ないです。

とても(ちい)さいプラスチックは、マイクロプラスチックです。

マイクロプラスチックを、(さかな)()べます。その(さかな)を、(ひと)()べます。

プラスチック問題(もんだい)は、世界(せかい)のみんなが(かんが)えなければなりません。

日本(にほん)では、(あたら)しいルールができました。

(まえ)は、スーパーなどで、レジ(ぶくろ)をもらうことができました。

レジ(ぶくろ)は、プラスチックのバッグです。

2020(ねん)7(がつ)からは、お(かね)(はら)います。

(まえ)は、会社(かいしゃ)でプラスチックのスプーン、フォーク、ナイフ、ハンガーなどをたくさん(つく)ることができました。

2022(ねん)4(がつ)からは、たくさん(つく)ってはいけません。

いろいろな(ひと)が、プラスチックの問題(もんだい)について(かんが)えています。

カルビーは、おかしなどの会社(かいしゃ)です。

2022(ねん)9(がつ)から、ポテトチップスのパッケージを()えました。

プラスチックを(すく)なくして、(かみ)使(つか)うパッケージにしました。

「ワンダイブ・ワンクリーンアップ・プロジェクト」は、ダイバーのプロジェクトです。

ダイバーは、(うみ)(なか)で、1つごみを(ひろ)います。

ペットボトル1(ぽん)でもいいです。

(提供/1 Dive 1 Cleanup プロジェクト)

わたしたちに、(なに)ができますか。

スーパーに、マイバッグを()っていくことができます。

学校(がっこう)会社(かいしゃ)に、マイボトルを()っていくことができます。

ごみを(ひろ)うことができます。

「ごみ(ひろ)いSNSピリカ」は便利(べんり)で、とても(たの)しいアプリです。

(提供/ごみ拾いSNS「ピリカ」)

このアプリは、2011(ねん)日本(にほん)大学生(だいがくせい)(つく)りました。

「ピリカ」はアイヌ()で「きれい」です。

(いま)、11か(こく)(ひと)使(つか)っています。

(まち)でごみを(ひろ)って、写真(しゃしん)をアップします。

みんな「ありがとう!」「おつかれさま」などと()います。

(とも)だちもできて、(まち)地球(ちきゅう)もきれいになります。

文:山本絵美

イラスト:1 Dive 1 Cleanup プロジェクト/ごみ拾いSNS「ピリカ」/イラストAC/いらすとや

写真:フォトAC

2022.11.18

You cannot copy content of this page