日本語を勉強する人のための読みものサイト

リサイクル

(みず)()みました。さあ、そのペットボトル、どうしますか。ごみばこにすてますか、それとも……?

そうです。リサイクルです。リサイクル(recycle)とは、(ひと)使(つか)ったペットボトルやかんなどをあつめて、もう一度(いちど)使(つか)うことです。むかしは(みず)()んだ(あと)、すぐにペットボトルをすてていましたが、それをもう一度(いちど)使(つか)ってゴミを(すく)なくするという(かんが)(かた)です。最近(さいきん)はプラスチックのゴミが(おお)いです。そして、そのゴミはどんどんふえて環境(かんきょう)(environment) に(わる)いです。また、(やま)(うみ)にのこったゴミは、どうぶつたちにもよくありません。

ペットボトルやかんのほかにワインやおさけが(はい)ったビンや、新聞(しんぶん)、ざっし、かたい(かみ)のダンボール、ミルクのパックもリサイクルすることができます。

2019(ねん)日本(にほん)のペットボトルの回収率(かいしゅうりつ)(どれだけリサイクルのはこにもどったか)は93.0%でした。ペットボトルは、ペレットという小さい(かたち)にした(あと)、もう一度(いちど)ペットボトルになるほかに、食品用(しょくひんよう)トレイ、(ふく)などに(かたち)をかえています。

また、ミルクのパックはパルプ (pulp) でできていますから、トイレットペーパーやティッシュペーパー、(かみ)のファイル、(かみ)のおさらなどに(つく)りかえることができます。

みなさんが()っているスマホもリサイクルできます。(なか)(ちい)さく()けて、(きん)ぞくを()かし、もう一度(いちど)スマホやコンピューターのパーツになって、使(つか)うことができるのです。

そのほかにめずらしいリサイクルとして、ジーンズで(つく)っためがねや、ペットボトルで(つく)った(いえ)もあります。おもしろいですね。

リサイクルは、地球(ちきゅう)(planet earth) をまもる(かんが)(かた)(ひと)つです。リサイクルのほかにリデュース(reduce)、リユース(reuse)があり、まとめて3Rと()います。リデュースは、ものを(つく)(とき)にできるだけ(すく)ない材料(ざいりょう)(つく)り、ゴミもできるだけ()さないこと。リユース(reuse)は、ものをすぐにすてないことです。そして、できるだけ(なが)(あいだ)使(つか)うことです。

スーパーで()いものをするときに、()いもの(よう)のマイバッグを使(つか)ったり、あまり使(つか)わないものは、()わないで()りるということもリデュースです。また、フリーマーケットやガレージセールで()うこともいいリユースです。

エコバッグ

では、一番初(いちばんはじ)めのペットボトルにもどりましょう。ペットボトルは、リサイクルのはこに()れましょうね。

文:Naoko Ikegami

イラスト:イラストAC

(2022.12.2)

You cannot copy content of this page

ja日本語