蔵王 ( ざおう )

蔵王 ( ざおう ) 山形県 ( やまがたけん ) 宮城県 ( みやぎけん ) ( あいだ ) にある ( たか ) ( やま ) です。ひとつの ( やま ) 名前 ( なまえ ) ではなく、ならんでいる 山々 ( やまやま ) を「 蔵王 ( ざおう ) 」と ( ) びます。

蔵王 (ざおう)

蔵王 ( ざおう ) 一番 ( いちばん ) ( たか ) いところには ( みずうみ ) があります。この ( みずうみ ) は「お ( かま ) 」と ( ) ばれています。 ( かま ) はご ( はん ) をたくときに 使 ( つか ) 道具 ( どうぐ ) です。それと ( かたち ) ( ) ているので、お ( かま ) という 名前 ( なまえ ) になりました。 蔵王 ( ざおう ) 火山 ( かざん ) で、 ( いま ) までに 何回 ( なんかい ) 噴火 ( ふんか ) しています。 一番 ( いちばん ) ( ちか ) いところでは、1895 ( ねん ) 噴火 ( ふんか ) したそうです。 噴火 ( ふんか ) した ( あと ) 火口 ( かこう ) ( あめ ) ( ゆき ) ( みず ) がたまります。そうしてできたのが、お ( かま ) です。ですから、 ( さかな ) など ( ) ( もの ) はいません。お ( かま ) 不思議 ( ふしぎ ) ( みずうみ ) だと ( ) われています。 天気 ( てんき ) 時間 ( じかん ) でいろいろな ( いろ ) ( ) えるからです。それで、「 五色沼 ( ごしきぬま ) 」とも ( ) ばれています。

(かま )

蔵王 ( ざおう ) 火山 ( かざん ) なので、 蔵王 ( ざおう ) のまわりには 温泉 ( おんせん ) があります。その ( なか ) でも 山形県 ( やまがたけん ) 蔵王温泉 ( ざおうおんせん ) 歴史 ( れきし ) ( ふる ) くて、1000 ( ねん ) 以上前 ( いじょうまえ ) からあったそうです。100 年前 ( ねんまえ ) ぐらいにスキー ( じょう ) ができて、お ( きゃく ) さんが ( ) えました。そして、 旅館 ( りょかん ) やホテルがたくさん ( ) てられました。 蔵王温泉 ( ざおうおんせん ) のお ( ) は、 ( はだ ) がきれいになるそうです。それで、「 美人 ( びじん ) づくりの ( ) 」と ( ) われています。

蔵王温泉(ざおうおんせん )

蔵王 ( ざおう ) には 日本一 ( にほんいち ) のスキー ( じょう ) があります。 蔵王温泉 ( ざおうおんせん ) スキー ( じょう ) は305ヘクタール(ha)もあって、とても ( ひろ ) いです。 一番 ( いちばん ) ( なが ) いコースは9000メートル(m)もあります。それ 以外 ( いがい ) にも、いろいろなコースがあって、スキーがはじめての ( ひと ) 上手 ( じょうず ) ( ひと ) ( たの ) しむことができます。 ( ゆき ) もパウダースノーで、さらさらしていてすべりやすいです。

蔵王温泉(ざおうおんせん )スキー(じょう )

蔵王 ( ざおう ) では、 ( はる ) ( なつ ) にさまざまな ( はな ) ( ) きます。トレッキングに ( ) ( ひと ) ( おお ) いです。

トレッキング

( あき ) 紅葉 ( こうよう ) ( やま ) ( あか ) 黄色 ( きいろ ) になります。 ( くるま ) やバイクで 蔵王 ( ざおう ) エコーラインを ( はし ) ると、 気持 ( きも ) ちがいいです。

蔵王(ざおう )エコーラインの紅葉(こうよう )

(ふゆ)蔵王(ざおう)では樹氷(じゅひょう)()られます。樹氷(じゅひょう)(うみ)からの(つよ)(かぜ)()にぶつかって(こおり)になり、そこに(ゆき)()ってできるのです。樹氷(じゅひょう)世界(せかい)でもめずらしいもので、なかなか()ることができません。

樹氷(じゅひょう )

蔵王 ( ざおう ) にはロープウェイがあります。ロープウェイに ( ) って ( たか ) いところから 紅葉 ( こうよう ) 樹氷 ( じゅひょう ) ( ) るのもおすすめです。

蔵王(ざおう )ロープウェイ

みなさんは、どの 季節 ( きせつ ) 蔵王 ( ざおう ) ( ) ってみたいですか?

文:遠藤和彦
写真:宮城県観光プロモーション推進室/やまがたの広報写真ライブラリー
(2021.7.26)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.