江戸城 ( えどじょう ) 皇居 ( こうきょ )

東京 ( とうきょう ) が今のような 大都市 ( だいとし ) になるきっかけは、400年 以上 ( いじょう ) 前に()こりました。17 世紀 ( せいき ) ( はじ ) めに 徳川家康 ( とくがわいえやす ) という人が、今の東京(とうきょう) 幕府 ( ばくふ ) 武士 ( ぶし ) つまり ( さむらい ) 政治 ( せいじ ) 拠点 ( きょてん ) )をつくりました。そのころ東京(とうきょう) 江戸 ( えど ) ( ) ばれていました。それから260年の間、 徳川家 ( とくがわけ ) 中心(ちゅうしん)とした 武士 ( ぶし ) の時代が ( つづ ) きます。この260年間が 江戸時代 ( えどじだい ) です。 江戸 ( えど ) 政治 ( せいじ ) だけでなく 経済 ( けいざい ) 中心(ちゅうしん)にもなり、世界の中でも大きな 都市 ( とし ) になりました。 江戸時代 ( えどじだい ) の終わりには 人口 ( じんこう ) が100万人を ( ) えていたと言われています。

徳川家康 ( とくがわいえやす ) は小さな町だった 江戸 ( えど ) に、大きな ( しろ ) をつくりました。 自然 ( しぜん ) の川や ( たに ) 利用 ( りよう ) し、山をけずって2つの ( ほり ) をつくりました。また、大きな石を ( ) んで 石垣 ( いしがき ) をつくり、 ( しろ ) ( まも ) りました。その時の ( ほり ) 石垣 ( いしがき ) は今も ( のこ ) っています。

この 江戸城 ( えどじょう ) ( ) ばれた ( しろ ) は火事でなくなってしまいましたが、同じころつくられた 姫路城 ( ひめじじょう ) は、まだ、 ( のこ ) っています。 姫路城 ( ひめじじょう ) は木でつくられています。このような(むかし)の木の ( しろ ) が今でも ( のこ ) っているというのは、 大変 ( たいへん ) 貴重 ( きちょう ) なことです。今、東京(とうきょう)で見ることができる ( ほり ) 石垣 ( いしがき ) の中にこのような ( しろ ) があったことになります。 姫路城 ( ひめじじょう ) のような ( しろ ) 江戸 ( えど ) の町にはありました。
姫路城 ( ひめじじょう )
武士 ( ぶし ) の時代、つまり ( さむらい ) の時代は12 世紀 ( せいき ) ( まつ ) ごろから始まりましたが、それより前は、 天皇 ( てんのう ) 中心(ちゅうしん)とした 政治 ( せいじ ) が行われていました。そして、 武士 ( ぶし ) の時代になっても、 天皇 ( てんのう ) が日本で 一番 ( いちばん ) 高い 地位 ( ちい ) にあることは ( ) わりませんでした。 天皇 ( てんのう ) 武士 ( ぶし ) のリーダーに 役割 ( やくわり ) ( あた ) えました。 実際 ( じっさい ) 政治 ( せいじ ) 武士 ( ぶし ) のリーダーが ( おこな ) っていましたが、 天皇 ( てんのう ) がその 武士 ( ぶし ) のリーダーを ( えら ) ぶという ( かたち ) をとりました。400年前の 徳川家康 ( とくがわいえやす ) は、「 関ヶ原 ( せきがはら ) ( たたか ) い」という大きな 戦争 ( せんそう ) ( ) って、 武士 ( ぶし ) のリーダーになりました。それから、 天皇 ( てんのう ) は「 征夷大将軍 ( せいいたいしょうぐん ) 」という 役割 ( やくわり ) 徳川家康 ( とくがわいえやす ) ( あた ) えました。この 役割 ( やくわり ) 将軍 ( しょうぐん ) 省略 ( しょうりゃく ) されることが多いです。 将軍 ( しょうぐん ) という 言葉 ( ことば ) は、「 ( さむらい ) 」と同じように海外(かいがい)でも有名な 言葉 ( ことば ) になりました。
徳川家康 ( とくがわいえやす ) 子孫 ( しそん ) が15 ( だい ) にわたって 将軍 ( しょうぐん ) になりましたが、今から150年ほど前に、 徳川将軍 ( とくがわしょうぐん ) は、ほかの 武士 ( ぶし ) 連合軍 ( れんごうぐん ) ( ) けました。 連合軍 ( れんごうぐん ) は自分たちが 天皇 ( てんのう ) 味方 ( みかた ) だと 宣伝 ( せんでん ) して、 ( たたか ) いを 有利 ( ゆうり ) ( すす ) めたとも言われています。 ( たたか ) いに ( ) けた 将軍 ( しょうぐん ) は、 江戸城 ( えどじょう ) を出ました。この ( あと ) 天皇 ( てんのう ) 京都 ( きょうと ) から来て、 江戸城 ( えどじょう ) に住むことになりました。 江戸 ( えど ) 東京(とうきょう)になり、 江戸城 ( えどじょう ) 天皇 ( てんのう ) が住む 皇居 ( こうきょ ) になりました。その ( ) 武士 ( ぶし ) はちょんまげと ( ) ばれた長い ( かみ ) を切り、 武士 ( ぶし ) ( ほこ ) りであった ( かたな ) ( ) てました。このようにして、 武士 ( ぶし ) の時代は終わりました。
今の東京(とうきょう)には、 江戸城 ( えどじょう ) のお ( ほり ) 石垣 ( いしがき ) の中に 天皇 ( てんのう ) が住む 皇居 ( こうきょ ) があります。 皇居 ( こうきょ ) に入る ( もん ) 江戸時代 ( えどじだい ) のころの名前のままです。 皇居 ( こうきょ ) ( かこ ) むように大きなビルが ( なら ) んでいます。 江戸時代 ( えどじだい ) につくられたものと 現代 ( げんだい ) につくられたビルなどが 同時 ( どうじ ) に見られる、 面白 ( おもしろ ) 景色 ( けしき ) です。
また、 皇居 ( こうきょ ) の中には木がたくさんあり、 自然 ( しぜん ) ( ゆた ) かです。そのような 自然 ( しぜん ) の中に 季節 ( きせつ ) ( かん ) じることができます。 千鳥ヶ淵 ( ちどりがふち ) という ( ほり ) のわきには小さな道があります。春には、 ( さくら ) の花が 見事 ( みごと ) ( ) いてとてもきれいです。東京(とうきょう) ( さくら ) 名所 ( めいしょ ) になっていて、多くの人たちがお 花見 ( はなみ ) にやってきます。夜には ( さくら ) をライトアップします。夜の ( さくら ) 夜桜 ( よざくら ) と言いますが、昼の ( さくら ) だけでなく、 夜桜 ( よざくら ) もきれいです。

文 ・ 写真:岡野秀夫 (2021.3.9)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.