東日本大震災 ( ひがしにほんだいしんさい )

-私の町の「今」を ( )る-

あなたが生まれた町は、どんな町ですか。その町は、今も子どものときと同じですか。それとも()わりましたか。映画『きょうを(まも)る』を作った菅野(かんの)結花(ゆうか)さんは岩手県(いわてけん)陸前高田市(りくぜんたかたし)で生まれました。2011年3月11日14時46分、菅野(かんの)さんが生まれた町は大きく()わりました。東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)があったからです。
菅野(かんの)さんは陸前高田(りくぜんたかた)出身(しゅっしん)ですが、東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)のとき、山梨県(やまなしけん)の大学の学生でした。地震(じしん)の前の日、菅野(かんの)さんは友だちの家に()まっていました。そして、菅野(かんの)さんが自分の家に帰ったとき、地震(じしん)が来ました。とても大きい地震(じしん)だと思いました。でも、岩手県(いわてけん)でも山梨県(やまなしけん)でも地震(じしん)はときどきあるし、夕方にアルバイトがあるし、あまり地震(じしん)について考えていませんでした。

菅野(かんの)さん

アルバイトが終わったとき、友だちからメッセージが来ました。「早くテレビを見て!」。菅野(かんの)さんが見たのは、とても大きい津波(つなみ)と「陸前高田(りくぜんたかた)」の名前でした。菅野(かんの)さんは急いで家族に電話をしました。でも、電話はつながりません。いろいろなところに電話をしたり、インターネットで調(しら)べたりしました。家族が生きているとわかったのは地震(じしん)から3日後でした。

地震(じしん)の後の陸前高田(りくぜんたかた

地震(じしん)から10日後、インターネットで中学校の友だちの名前を見つけました。地震(じしん)()くなったのです。菅野(かんの)さんは、それが本当(ほんとう)かどうか(しん)じることができませんでした。そして、地震(じしん)から2週間後、やっと陸前高田(りくぜんたかた)に帰ることができました。でも、そこは菅野(かんの)さんが知っている陸前高田(りくぜんたかた)ではありませんでした。自分の家も学校もありません。道も車もありません。そこにあるのは、瓦礫(がれき)だけでした。

菅野(かんの)さんの高校

今は地震(じしん)で何もありませんが、数年後(すうねんご)数十年後(すうじゅうねんご)には、新しい家や学校、道ができるかもしれません。菅野(かんの)さんは「今」の陸前高田(りくぜんたかた)(わす)れてはいけないと思いました。だから、たくさん写真を()りました。でも、山梨(やまなし)に帰って、その写真を大学の友だちに見せたとき、友だちが「全部(ぜんぶ)の写真が同じに見える」と言いました。菅野(かんの)さんは「そうだな」と思いました。ここは家があったところ。ここは学校があったところ。菅野(かんの)さんには全部(ぜんぶ)が特別なところです。でも、知らない人には全部(ぜんぶ)同じ写真に見えたのです。

1年後の陸前高田(りくぜんたかた)

「写真だとわからない」菅野(かんの)さんは思いました。そして、映画を()ろうと思いました。地震(じしん)について(ほか)の人に教えたいからではありません。菅野(かんの)さんが地震(じしん)と「今」の陸前高田(りくぜんたかた)(わす)れたくなかったのです。菅野(かんの)さんは、9人の陸前高田(りくぜんたかた)の人にインタビューをしました。インタビューは簡単(かんたん)ではありませんでした。地震(じしん)で家族をなくした人もいます。水で(かお)(あら)うとき、地震(じしん)やなくなった人を思い出してしまう人もいます。でも、菅野(かんの)さんは、その人たちの本当(ほんとう)の気持ちを聞きたいと思いました。そして、映画『きょうを(まも)る』ができました。

映画『きょうを ( まも ) る』

菅野(かんの)さんは「多くの人は、東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)のことを少しずつ(わす)れているかもしれない」と(かん)じています。でも、『きょうを(まも)る』を見て、地震(じしん)について、何か(おぼ)えておいてほしいと考えています。今、『きょうを(まも)る』は日本語だけではなく、英語、韓国語(かんこくご)、トルコ語、モンゴル語、インドネシア語、中国語、チェコ語の字幕(じまく)でも見ることができます。

〈参考文献〉
水野久美(2013)「目の前にある、この風景を残すために。海を渡った、女子大生が作った記録映画」学研教育出版(編)

『伝えなければならない100の物語 第8巻 広がりゆく支援の輪』学研教育出版,pp.215-239

「きょうを守る」字幕プロジェクト〈https://one-taste.org/protect-today/〉(2021年4月29日参照)

文:米本和弘

写真:フォトAC/Flickr

(2021.12.7)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.