( はし ) のマナー

みなさんは ( はし ) を使ったことがありますか。日本では 和食 ( わしょく ) を食べるとき、 ( はし ) を使います。 食文化 ( しょくぶんか ) の一つですね。みなさんの国にも食事のマナーがあると思いますが、 ( はし ) 使 ( つか ) ( かた ) にもマナーがあり、日本では ( はし ) ( うつく ) しく使えるように、子どものころから、 ( はし ) ( ) ( かた ) を教えられます。そのマナーが悪い 使 ( つか ) ( かた ) を「 ( きら ) ( ばし ) 」といいますが、今日は、その ( きら ) ( ばし ) をいくつかご 紹介 ( しょうかい ) しましょう。知っておくと、 ( まよ ) うことなく ( はし ) が使え、食事がより楽しいものになると思います。

1. ( ) ( ばし )

( ) ( ばし ) というのは、食べ物を ( はし ) ( ) ( ) すことです。 ( はし ) がうまく使えていない子どものような 印象 ( いんしょう ) ( あた ) えます。また、 食材 ( しょくざい ) にきちんと火が ( とお ) っているかどうか、 確認 ( かくにん ) しているようにも見えるため、 料理 ( りょうり ) を作った人に 失礼 ( しつれい ) になる、ということもあるようです。

( ) ( ばし

2. ( ) ( ばし )

食器 ( しょっき ) のふちに ( はし ) をかけ、 食器 ( しょっき ) を自分のほうに ( ) ( ) せるのが、 ( ) ( ばし ) 食器 ( しょっき ) ( たお ) してしまったり、テーブルに ( きず ) をつけてしまったりするかもしれません。 食器 ( しょっき ) 自分 ( じぶん ) のほうに持ってきたいときは、 ( はし ) 一度 ( いちど ) 箸置 ( はしお ) きに ( ) いて、 食器 ( しょっき ) を手に持って 移動 ( いどう ) させましょう。

( ) ( ばし

3. ( わた ) ( ばし )

これは、 食器 ( しょっき ) の上に ( はし ) ( ) くことです。つい、やってしまいがちですね。でも、 ( はし ) 箸置 ( はしお ) きに ( ) ( くせ ) をつけるといいようです。 外食 ( がいしょく ) ( さい ) に、 箸置 ( はしお ) きがない 場合 ( ばあい ) もありますが、そんなときは、 箸袋 ( はしぶくろ ) ( ) って、 簡単 ( かんたん ) 箸置 ( はしお ) きを作るのがいいそうです。また、 ( はし ) 食器 ( しょっき ) の上に ( ) くのはよくないですが、 ( はし ) 小皿 ( こざら ) などのふちにかけて ( ) くのはマナー 違反 ( いはん ) ではないので、 箸置 ( はしお ) きがないときのために ( おぼ ) えておくといいでしょう。

( わた ) ( ばし

箸袋 ( はしぶくろ 箸置 ( はしお きを作る

( はし をふちにかけて (

4. 涙箸( なみだばし )

( なみだ ) 」という 言葉 ( ことば ) から、どんな ( はし ) 使 ( つか ) ( かた ) を思い ( ) かべるでしょうか。 涙箸 ( なみだばし ) というのは、料理の ( しる ) をポタポタと ( ) としながら食べることです。 ( しる ) ( なみだ ) のようですね。こんな ( ) ( かた ) をしたら、どうでしょう。テーブルの上や ( ふく ) ( よご ) してしまいますね。そうならないように、 ( しる ) を切ってから食べるようにしましょう。

涙箸 ( なみだばし )

5. ( まよ ) ( ばし )

これは、どの料理を食べるか ( ) まらず、 ( はし ) をあちこち ( うご ) かすことです。 ( はし ) を使わない国や 地域 ( ちいき ) でも、 ( たと ) えばフォークなどを 食器 ( しょっき ) から 食器 ( しょっき ) ( うご ) かし、どれを食べるか ( まよ ) うのは、あまり 歓迎 ( かんげい ) されないかもしれませんね。料理は作った人の ( こころ ) がこもっていて、どれもおいしいはずです。でも、 ( まよ ) うということは、どれがおいしいか ( さぐ ) っているように見えてしまう 場合 ( ばあい ) があります。そのため、 ( まよ ) ( ばし ) ( きら ) われるのです。

( まよ ) ( ばし

6. ( ) わせ ( ばし ) ( ひろ ) ( ばし )

( はし ) から ( はし ) に食べ物を ( わた ) すこと、これを ( ) わせ ( ばし ) 、または ( ひろ ) ( ばし ) といいます。なぜこれをしてはいけないか、わかりますか。人が ( ) くなり、 ( からだ ) ( ) いた ( あと ) ( ほね ) ( ひろ ) うときに、 ( はし ) から ( はし ) ( ほね ) ( わた ) して 骨壺 ( こつつぼ ) ( ほね ) を入れるもの)に ( おさ ) めることから、 ( ) わせ ( ばし ) ( ひろ ) ( ばし ) は、食事のときには 絶対 ( ぜったい ) にしてはいけないこととされているのです。

( ) わせ ( ばし ( ひろ ) ( ばし

いかがでしたか。これらの ( きら ) ( ばし ) ( れい ) は、あくまでもマナーであって ( きび ) しい 規則 ( きそく ) ではありませんし、また 地域 ( ちいき ) などによっても ( ちが ) いがあるかもしれません。大切なことは、食べ物や作ってくれた人に 感謝 ( かんしゃ ) し、いっしょに食べる人が気分を悪くしないように気をつけること、それが ( うつく ) しいマナーにつながり、食事も楽しくなるのではないでしょうか。

今度 ( こんど ) はみなさんの国の食事のマナーやスタイルも教えてもらいたいものです。

文:新階由紀子

イラスト:いらすとや

写真:新階由紀子/フォトAC

(2021.10.29)

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 All rights reserved.

読む前に

ご利用上の注意

© Kurosio Publishers

許可なく転載することを禁じます。 

All rights reserved.